ひろしま国際平和文化祭 HIROSHIMA FESTIVAL

ひろしま国際平和文化祭
キャンペーンソング制作開始
タイトル名「NEXT!」
広島ゆかりのアーティストユニット
「CANVAS」始動!

CANVAS

広島出身や所縁のあるアーティストが集結。自分たちの子供のころ聴いたヒロシマの歌をイメージしつつ若い世代にも口ずさんでもらえるような「新たな平和ソング」を制作中です。キャンペーンソングは、CMやPR動画のBGMとして使用し、6月下旬からYouTubeで配信予定です。7月2日(土)の30日前イベントでは、 CANVASが生演奏でキャンペーンソングをお披露目します。

CANVAS
制作に携わる広島ゆかりのアーティスト

大瀬戸千嶋・香川裕光・神園さやか・KEISUKE・月山翔雲・楓子・Mebius・ヤルキスト(敬称略・五十音順)

作曲:大瀬戸嵩(おおせどたかし)

これまで自分の中でイメージする“広島のキャンペーンソング”をある意味裏切り、歌ってくれるCANVASのメンバーが生き生きと輝いて歌える曲をまず目指しました。力強く、そして、サビは華やかに!自然と聞いてくださる方が笑顔になっていただけると幸いです。

作詞:香川裕光(かがわひろみつ)

新しい日々、次世代、新常識。これから訪れる新たな時代へ、笑って歩んでいけるよう応援歌として書きました。たくさんの人の背中を押せるような歌になってくれますように。

作詞:ヤルキスト・みるきー(RAP部分制作担当)

曲のメッセージがより感覚として伝わるように歌詞は韻を活用して、開放的な語感を重視しました。英語の格好良さと日本語の美しさを混ぜ合わせてNEXTを実感できるパートになっていれば嬉しいです。

作詞:月山翔雲(つきやましょううん)

真っ白な気持ちで今回の作詞に取り組みました。この曲を聴いて下さる方々が、音楽っていいね!と思って頂けたら幸いです。そして未来を担う次の世代へこの曲が届くことを願っています。