ひろしま国際平和文化祭 HIROSHIMA FESTIVAL

ひろしま国際平和文化祭とは

コンセプト

“平和の種をまき、次世代を育てる”

「芸術」により、平和の種をまくと同時に、次世代へつなげ「チャンスを与える」フェスティバル。
プロと次世代の子供たちがふれあい、文化芸術を理解し活用する力を高め、
広島の平和の意味を広げていくフェスティバルを目指します。

開催概要

〈第1回開催期間〉

令和4年(2022年)8月1日(月)〜28日(日)

〈第1回テーマ〉

“いのち輝く平和芸術、みんな主役。”

広島の平和の願いと共に、多くの方々にご参画をいただくことで、
より多くのかけ合わせにつながります。
演じる側も見る側も作る側もみな主役という、今までに無い新しい形の市民参加型イベントとします。

実施するプログラムについて(予定)

 「音楽」(管弦楽、吹奏楽、オペラ、合唱、ポップス、アニソン、ジャズ、伝統芸能・文化等)と「メディア芸術」(アニメーション、映画、マンガ等)を主要な柱とし、それぞれの特色を生かしたイベントや、両分野を融合したイベントを実施します。

実施するプログラムについて

「音楽」と「メディア芸術」
それぞれの特色を生かしたイベント

 両分野の共通の枠組みとして、育成し学び合う「アカデミー」、表現を競い合う「コンペティション」、顕彰や評価を行う「アワード」の3つの区分を設けることで、異なる分野で実施する事業の方向性を共有します。

ひろしまミュージックセッション※1

《アカデミー》 次世代指揮者アカデミー

 国内外から若手指揮者を募集し、プロの指揮者から直接音楽を学んでもらうとともに、広島の平和への取組と歴史も学んでもらいます。

《コンペティション》 次世代指揮者コンクール、次世代指揮者コンクールファイナルコンサート

 アカデミーを受講した若手指揮者がコンクールに参加し、表現を競います。予選を通過した若手指揮者は、ファイナルコンサートでオーケストラの指揮を行い、優勝者を決定します。

《アワード》 ひろしま音楽アワード

 広島で活動する個人や音楽団体、広島に関連する楽曲に授与し、その貢献を称えます。

※1:地元プロと若手音楽家等が一緒に演じる(=セッション)イベントを実施していくことから命名


ひろしまアニメーションシーズン※2

《アカデミー》 ひろしまアニメーションアカデミー

 世界のアニメーション作家、監督等を広島広域都市圏内に招いて滞在・制作活動を行ってもらい、市民等と交流する「アーティスト・イン・レジデンス」や、一緒にアニメーションを制作する「街かどアニメーション教室」、アニメーションに関わる国際シンポジウム、カンファレンス、トークなどを行います。

《コンペティション》 環太平洋・アジアコンペティション、ワールドコンペティション

 アジア、アメリカやオセアニア等に地域を限定し、長編、短編、学生の3部門で構成する「環太平洋・アジアコンペティション」及び、全世界を対象としてドキュメンタリーやフィクションなど、複数の部門で構成する「ワールド・コンペティション」を行います。

《アワード》 ひろしまアニメーションアワード

 日本のアニメーション界において大きな成果を挙げた作品や作家等に賞を授与し、その貢献を称えます。

※2:広島の8月が、世界中のアニメーションを体感できる季節(=シーズン)となることを目指して命名


「音楽」と「メディア芸術」の両分野を横断・融合した
ジャンル間連携イベント

広域連携シンボルイベント

 広島広域都市圏の音楽団体等のステージや、メディア芸術作品の展示、音楽と融合したプロジェクションマッピングの実施など、音楽とメディア芸術が連携したイベントを実施します。

ひろしま国際平和文化祭 連携事業

 ひろしま国際平和文化祭では、広島広域都市圏構成市町や他の文化関係団体が主催するイベントを連携事業と位置付け、相互に広報協力等を行い、文化芸術活動の活性化を図ります。